広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2015-09-17

博報堂ら、生活者の気持ちに合致した動画広告を自動配信する「FIT AD」開始

印刷する

株式会社スティーブンスティーブン、株式会社ヒトクセ、株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社博報堂の4社は9月15日、共同開発したデジタルアドサービス「FIT AD」の提供を開始した。
「FIT AD」は、ニュースキーワード・検索トレンド・テレビ番組情報・天候など、さまざまなアンビエント(環境)データを取り入れ、生活者の気持ちにフィットした動画広告を自動で出し分けることができるサービスだ。
「FIT AD」では、動画バナーをアンビエントデータに応じて各DSPに第三者配信する。生活者の気分が変わるタイミングに連動して、その気分に合わせたクリエイティブを配信することが可能。なお既存の静止画バナーの配信にも対応する。
スティーブンスティーブンとヒトクセの2社が共同して開発と運用を行い、博報堂のクリエイティブスタッフが各配信に最適な広告クリエイティブを制作。博報堂DYメディアパートナーズが独占販売を行う。


■リリース
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/23024

タグ:博報堂
PAGE TOP