広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-11-24

生活者が予想する「2017年 生活気分」、景気・家計は「変わらない」 博報堂生活総研調べ

印刷する

博報堂生活総合研究所は、生活者に聞いたレポート「2017年 生活気分」を発表した。2017年の「景況感」「楽しさ予想」「力を入れたい活動」などについて、全国の20~69歳男女3,900人に調査を行ったデータを取りまとめている。
それによると、2017年の「景況感」については、過半数の生活者が、景気・家計は「変わらない」と予想し、その割合も多くなった(世の中の景気52.5%→63.2%/自分の家計50.9%→57.2%)。また2016年における消費意欲の推移を見ると、最大値(48.7点・1月)と最小値(48.0点・11月)の幅は0.7ポイントと、上下の振れ幅は過去最少。2015年4月(消費増税から1年後)と同じ水準が、長らく横ばいで続いている。
「楽しさ予想」については、2017年は7割近くが「変わらない」と予想している。なお2016年世の中で楽しかったことは「少なかった」が「多かった」を上回っていた。男女別では、女性のほうが2016年の楽しいことは多く、さらに2017年も「多くなる」と楽観的に予想していた。
2017年に力を入れたいことは、「睡眠・休息」がトップ。次いで「健康」「趣味・遊び」だった。2017年にはじめたいことがある人は、全体の35.4%。やめたいことがある人は23.5%だった。はじめたいことの内容は「運動・スポーツ」「勉強・資格や免許取得」「就職・転職・起業」などが挙がった。


■リリース
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/34664

タグ:博報堂
PAGE TOP