広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2013-05-07

電通、カナダのデジタルエージェンシーを100%買収

印刷する

株式会社電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、同社傘下のイージス・メディアを通して、カナダの有力デジタルエージェンシーである「NVI Solutions」(以下 エヌ・ヴィ・アイ社)を5月2日付(現地5月1日)で 100%買収した。


本件買収の狙いは、世界第9位の広告市場であるカナダにおけるデジタル事業を強化することにある。カナダではデジタル市場が目覚ましい成長を遂げており、当社グループは同領域のマーケットリーダーであるエヌ・ヴィ・アイ社を買収することで、戦略的にカナダのデジタル市場の開拓を図る。


エヌ・ヴィ・アイ社はモントリオールとトロントにオフィスを構え、クライアントニーズの高いパフォーマンス・マーケティング、すなわちオンラインメディア上で成果報酬型のマーケティング手法を活用した広告コミュニケーション・サービスの展開に強みを持っており、同社が提供する独自のツールに基づく質の高いサービスは、業種の異なる多くの企業から支持されている。
これまでイージス・メディアは、カナダ市場ではカラ(Carat)、ビジウム(Vizeum)、アイソバー(Isobar)というグローバル・ネットワーク・ブランド(GNB)でビジネスを展開してきた。イージス・メディア傘下には世界の検索パフォーマンス・マーケティング市場でトップクラスのサービスを提供するアイプロスペクト(iProspect)という GNB があるが、これまでカナダでは事業展開を行っていなかったことから、本日買収したエヌ・ヴィ・アイ社をアイプロスペクトの傘下に加え、今後はアイプロスペクトのブランド名でカナダでの事業を展開していく。
なお、本件が同社の平成 26 年 3 月期の連結業績に与える影響は軽微としている。


■リリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2013/pdf/2013052-0502.pdf

タグ:電通
PAGE TOP