広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-12-22

2020年の動画広告市場は2,954億円(昨年比114%)で成長を維持、サイバーエージェントが調査

印刷する

株式会社サイバーエージェント(オンラインビデオ総研)と株式会社デジタルインファクトは、国内動画広告について市場動向調査を共同で実施した。年間の動画広告出稿額を推計するもので、今回で7回目。



2020年は、コロナ禍の影響で、広告主企業による一時的な広告出稿の抑制があった一方、外出自粛により自宅で商品・サービスを消費する巣ごもり需要が増加し、動画コンテンツの視聴時間が大きく拡大した。
その結果、2020年の動画広告市場は、引き続き前年を上回る高い水準で成長を遂げ、昨年対比114%の2,954億円に達する見通しとなった。動画広告は、今後も広告商品の機能改良、プロモーション需要の拡大を背景に、2024年には6,856億円に達すると予想されている。



そのうち、スマートフォン動画広告の2020年の需要は、昨年対比115%の2,635億円。動画広告需要全体の89%を占める。2024年には6,396億円に達すると予想されている。

●調査概要
調査時期:2020年10月~12月
調査方法:動画広告市場関係者へのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、公開情報の収集



■リリース
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25548

タグ:サイバーエージェント
PAGE TOP