広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-11-05

サイバーエージェント、リタゲ広告向けにAIが最適な商品画像を選択する「AI feed designer Plus」提供開始

印刷する

株式会社サイバーエージェントは、AIを活用することでダイナミックリターゲティング広告に表示される商品画像の最適化を行う効果予測モデル「AI feed designer Plus」の提供を開始した。



ダイナミックリターゲティング広告では、サイトに訪問したことがあるユーザーごとに最適な広告を表示させる。高い広告効果が期待される一方、効果を最大化させるには最適な商品画像を表示する必要がある。



同社では「AI feed designer」を2019年3月より提供していたが、本モデルでは1商品に対して1枚の商品画像を指定していた。「AI feed designer Plus」では、データフィード内に複数の商品画像を入れ、広告配信前に表示される商品画像の効果を予測することで、広告効果の高い順にランキングし、最適な1枚を選択することが可能となっている。これにより、配信実績を元にA/Bテストのプロセスを開始する前からクリエイティブ内に表示される最適な商品画像を選択できる。



また株式会社ABEJAが開発したAIモデルの開発・運用プラットフォーム「ABEJA Platform」を活用し、追加学習をかけることで、効果予測の精度をさらに高めることもできる。本機能を実装することで、ツール導入前後と比較し、CPAが最大約20%改善したという。
「AI feed designer Plus」の配信は、Yahoo! JAPANとCriteoの広告に対応しており、連携する媒体は今後も拡大する予定。



■リリース
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=25325

タグ:サイバーエージェント
PAGE TOP