広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2018-06-11

サイバーエージェントの運用プラットフォーム「iXam Drive」、新機能「AI配信予測」導入

印刷する

株式会社サイバーエージェントの横断組織「アドテクスタジオ」は、AIによるクリエイティブの精査・入稿を自動で行う新機能「AI配信予測」を、「iXam Drive」に導入した。
インフィード広告に特化した運用プラットフォーム「iXam Drive」では、広告クリエイティブを自動精査する機能「Ad Optimizer」を2016年に導入しており、今回追加拡張機能として「AI配信予測」を開発した。配信予測ロジックは、自社の研究開発組織「AI Lab」が研究開発を行った。
「AI配信予測」では、過去に配信したクリエイティブの実績をもとに、AIが新規クリエイティブの配信効果を予測。予測結果が良好なクリエイティブを優先して自動配信を行う。実際に活用した結果、導入前と比較して、クリック数の125%増加が確認できたという。


■リリース
https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=21708

タグ:サイバーエージェント
PAGE TOP