広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


調査・その他

2016-01-07

博報堂生活総研、1月の消費意欲指数を発表 消費意欲が前年より旺盛に

印刷する

株式会社博報堂のシンクタンクである「博報堂生活総合研究所」は1月6日、「生活インデックスレポート・消費動向編・1月(消費意欲指数)」を発表した。
「生活インデックス」とは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数だ。
今回の発表によると、1月の消費意欲指数は50.8点。前月比はマイナス4.6ポイントの低下だが、前年同月と比べると1.9ポイントの上昇となっている。引き続き、昨年の消費税増税での買い控えに対し、今年はその反動が続いている。これは増税前(2014年1月50.8点)の水準となっている。
消費意欲の理由では、「正月だから財布の紐が緩む」(15年61件→16年78件)、「セールや安売りに行く」(15年148件→16年191件)などが前年より増加。「金銭的余裕がある」と答える人も増加するなど、好景気が伺える(15年36件→16年45件)。


■リリース
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/25094

タグ:博報堂
PAGE TOP