広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2015-11-16

小田急電鉄ら4社、ぐるなびや東急電鉄ら進める「訪日外国人向け観光情報サービス」に参画

印刷する

株式会社ぐるなび、東京急行電鉄株式会社、東京地下鉄株式会社は、共同構築を進めている訪日外国人向け観光情報サービスに、新たに小田急電鉄株式会社、西武鉄道株式会社、東武鉄道株式会社、ヤマト運輸株式会社の4社が参画したことを発表した。
このサービスは、訪日外国人ユーザーの行動履歴から最新のトレンドを把握し反映するもので、ぐるなびら3社が事務局となって構築を進めている。現在、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社、京成電鉄株式会社、京浜急行電鉄株式会社、全日本空輸株式会社、東京空港交通株式会社、東京都交通局、成田国際空港株式会社が参画している。さらに新たに4社を迎え入れることによって、より強固なサービスの実現を目指す。
同サービスは、訪日外国人向けの観光ガイドとして、既存サービスにはない正確かつ詳細な日本の観光情報を、リアルタイムで紹介する予定。「LIVE JAPAN PERFECT GUIDE TOKYO」の名称で、来年春からサービスを開始するとのこと。


■リリース
http://www.gnavi.co.jp/company/release/2015/20151111-10664.html

タグ:ぐるなび
PAGE TOP