広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2014-10-24

ベクトルチャイナ、中国のビデオアプリを活用した動画PRパッケージサービス開始

印刷する

株式会社ベクトルの中国子会社である維酷公共関係諮問(上海)有限公司(以下ベクトルチャイナ)は、ビデオクリップアプリ「微視(ウェイシー/weishi)」、「美拍※(メイパイ/meipai)」を活用した PR パッケージサービス「Short Video PR(以下、ショートビデオ PR)」を10 月 23 日より提供開始した。


現在中国では、モバイルインターネットの利用者が 5 億人を超え、利用者の 4 億人以上がモバイル端末で動画を視聴しており、なかでも、ユーザー発信型の短編動画編集アプリが普及しており、10億人以上のユーザーを抱える「QQ」や「微信(ウェイシン/WeChat))を運営するアジア最大手 IT 企業 Tencent(テンセント)のビデオクリップアプリ「微視(ウェイシー/Weishi)」や、リリースと同時に 1,000 万人以上のユーザーを獲得した「美拍(メイパイ/meipai)」などのサービスが人気を集めている。


ベクトルチャイナはこのような背景を受け、主にモバイルインターネット上における、動画コンテンツを活用した企業 PR パッケージサービスとして、「ショートビデオ PR」を新たに提供する。
本サービスでは、ビデオクリップアプリ「微視」「美拍」を企業マーケティングにおいてどう活用するかといったコンサルティングをベースに、話題になる企画の全体設計及びコンテンツ開発のサポートから、中国大手ポータルサイトをはじめとしたニュースリリース配信やインフルエンサーを起用したコンテンツ拡散施策、レポーティングまでの一連の活動を、ワンストップ提供する。


■リリース
http://vectorinc.co.jp/news/wp/pdf

タグ:ベクトル
PAGE TOP