広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2013-01-25

Yahoo!ニュース、有料記事の取り扱いを開始 第一弾は朝日新聞と

印刷する

 ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は本日、Yahoo! JAPANの運営するインターネットニュースサイト「Yahoo!ニュース」において、有料記事の取り扱いを開始した。(※1)媒体ごとの月額制で、無料では読めなかった独自の良質なニュースコンテンツを提供する。


有料記事の取り扱い開始に伴い、「Yahoo!ニュース」は、各媒体からさらに質の高い記事の提供を受けることで、ラインナップを拡充し、新規ユーザーの獲得と、既存ユーザーへの新たな付加価値の提供を目指す。


 一方、各媒体においては、インターネットにおいて圧倒的な閲覧数を誇る「Yahoo!ニュース」との連携により、これまで以上に多くの読者に、より充実したコンテンツを届けることが可能となる。
ユーザーは、幅広い記事にアクセスすることができ、より多角的な視点から理解を深めることができる。


取り扱う有料記事について、第一弾として朝日新聞と連携し、厳選した記事を読むことができる「朝日新聞デジタルSELECT on Yahoo!ニュース」(※2)の提供を開始する。その他、様々なメディア企業との連携を実施し、対応ラインナップを随時拡充させる予定。


(※1)従来の無料で読める「Yahoo!ニュース」は引き続き提供を実施する
(※2)朝日新聞が独自に提供する「朝日新聞デジタル」有料会員版とは異なる


<「Yahoo!ニュース」での有料記事の取り扱いについて>
◆特徴
各媒体ごとの月額制により、「無料版」では読めない独自の記事を提供


◆提供開始日
2013年1月23日(水)


◆決済方法
Yahoo!ウォレット



<「朝日新聞デジタルSELECT on Yahoo!ニュース」について>
◆特徴
・朝日新聞社がセレクトした主要ニュースを毎朝配信
・「天声人語」などを始めとした人気記事の、過去のアーカイブが読める
・毎月約300本程度、厳選した独自記事を提供


◆価格
月額380円(初月無料)
※「Yahoo!プレミアム」会員の場合、月額315円(初月無料)


■リリース
http://pr.yahoo.co.jp/release/2013/0123a.html

タグ:ヤフー
PAGE TOP