広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2021-01-07

福島印刷、2021年1Q決算は減収ながら前年より赤字幅が改善

印刷する

福島印刷株式会社は、2021年8月期第1四半期の連結業績(2020年8月21日~2020年11月20日)を発表した。

【経営成績(累計)】
売上高    :18億4800万円(前年同期比 0.6%減)
営業利益   :マイナス6500万円(前年 マイナス9500万円)
経常利益   :マイナス6400万円( 同 マイナス9300万円)
四半期純利益 :マイナス4700万円( 同 マイナス6600万円)

引続き最新鋭の印刷機等設備導入により生産体制の強化を図るとともに、DP(データプリント)サービスの製品開発やサービスの充実、販売マネジメントの強化による創注や原価構造改善に積極的に取り組み、企画商印サービス、DMDPサービスは売上増となったが、BF複合サービス、IPDPサービスの売上高は減少。全体で減収減益となったが赤字幅は改善された。



■リリース
http://www.shouken.co.jp/sp/wp-content/themes/
shouken/uploads/result/50_result_1q1.pdf

タグ:福島印刷
PAGE TOP