広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-12-13

GMOアドパートナーズ、子会社「GMO Concierge」株式を譲渡 中国向け事業を再編

印刷する

GMOアドパートナーズ株式会社は、連結子会社である「GMO Concierge Co.Ltd」の全所有株式の譲渡を含む事業再編を発表した。
GMO Concierge Co.Ltdでは、香港に拠点を置き、中国における各種フリーペーパーの編集制作、中国におけるインターネットマーケティングサービスの提供、中国進出の事業コンサルティングなど、中国エリアを中心にメディア・アドテク事業を提供してきた。一方で、中国国内事業を取り巻く環境の変化などにより、当初計画どおりの事業展開が困難な状況が続いていた。同社を売却することで、事業の見通しを図るのが狙い。今後は国内事業に経営資源を集中させる方針だ。なお本件事業再編により、2016年12月に9300万を特別損失として計上する見込み。
株式譲渡は2017年1月24日付の予定で、所有する全株式1399万6106株を譲渡する。譲渡の相手方は複数の個人で、譲渡額とともに非公表となっている。社名については現在「Concierge Co.Ltd」への商号変更の手続き中。


■リリース
http://www.gmo-ap.jp/uploads/2016/12/release20161209_1.pdf

タグ:GMO
PAGE TOP