広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-09-06

KADOKAWA、タイ出版最大手のAmarinと合弁会社を設立 日本のマンガをタイへ

印刷する

株式会社KADOKAWAは、タイの総合出版最大手であるAmarin Printing and Publishing Public.Company Limited(Amarin)と、合弁会社を設立することで合意した。100%子会社であるKADOKAWA HOLDINGS ASIA Ltd(KHA)を通じて設立する。
新会社は、Amarinの製造・物流インフラや販売網等を最大限活用し、日本のマンガ・ライトノベル等のタイ語出版事業、訪日観光メディア事業、デジタルプラットフォーム事業等の共同展開を行うとのこと。

現在タイの出版市場の規模は1000億円を超え、日本のコンテンツも順調に成長している。Amarinは、出版印刷・取次事業とともに、全国約200店舗の書店網をグループ内に有している。女性雑誌においてはデジタルTV放送局も有している。
株式はKHAが49%、Amarinが46%、Bangkok BTMU Limitedが5%の保有となる見込み。


■リリース
http://info.kadokawadwango.co.jp/files/2016/160905.pdf

タグ:KADOKAWA・DWANGO
PAGE TOP