広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2016-06-08

アドウェイズ、VR制作ソフト開発会社へ出資 VR市場調査や広告分野での協業の可能性追求

印刷する

株式会社アドウェイズは、バーチャルリアリティ(VR)制作ソフトウェアの開発を行うDVERSE Inc.(以下ディヴァース)へConvertible Note(日本における転換社債型新株予約権付社債に相当)引受けによる出資を実施した。


アドウェイズでは、既にVRを用いた取り組みの事例もありVRに関して包括的な知識や経験を有するディヴァースへの出資を通じて、今後のVR市場の調査だけでなく、将来的なスマートフォンによるVRコンテンツや広告分野での協業の可能性も追求していく考え。


ディヴァースは、システム開発、ゲーム開発、映像製作、音響製作、空間デザインなど各ジャンルのクリエイター/スペシャリストにより構成されており、現在は、次世代端末として話題のヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)を使用するVR制作ソフトウェアを開発している。ディヴァースが開発する「SYMMETRY(シンメトリー)」は、”簡単”、”リアルタイム”、”高品質”を特徴とするVRコンテンツ制作ソフトウェア。3DCADデータ/3Dモデルファイルを入力し、VR空間内において直観的な操作でシーンの編集と即時の確認を行い、様々な端末向けのVRコンテンツの出力が可能になる。


ディヴァースは、今回の資金調達により開発体制を強化し、簡単にVRコンテンツを制作できるようなソフトウェア構築を進めていく予定。


■リリース
http://www.adways.net/press/adways371.html

タグ:アドウェイズ
PAGE TOP