広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2015-04-24

トライバルメディアハウス、音楽マーケ専門部署「モダンエイジ」発足

印刷する

株式会社トライバルメディアハウスは4月21日、音楽マーケティングに特化した専門部署「Music Communication Design事業部」(通称:モダンエイジ)を発足したことを公表した。
音楽に関わる統合コミュニケーションデザインを、企画から制作、広告、PRまで一貫して提供する部署になるとのこと。音楽マーケティングに強みを持つスタッフで構成したという。事業部長は、日本で初のソーシャルメディアと音楽ビジネスを掛けあわせた著書『音楽の明日を鳴らす-ソーシャルメディアが灯す音楽ビジネス新時代-』など多数著作を執筆している、同社の高野修平氏(マーケティングデザイン事業部グループリーダー)が務める。
代表取締役社長の池田紀行氏は、「モダンエイジは、レーベルやアーティストなどに対する直接的な音楽マーケティングの支援だけでなく、一般消費財や耐久消費財、その他専門品や専門サービスなどのブランドマーケティングに、音楽やエンターテインメントコンテンツを効果的に組み合わせることで、従来のマーケティングコミュニケーションの限界を超えていくことをミッションとして設立した専門機関です」とのコメントを寄せている。


■リリース
http://www.netyear.net/news/press/20150421.html

タグ:トライバルメディアハウス
PAGE TOP