広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2015-01-19

売れるネット広告社、リアル店舗向けCRMサービスを開始

印刷する

株式会社売れるネット広告社は、株式会社Fusicとともに開発した、リアル『店舗』向け『売れる 店舗CRMつくーる』を提供開始することを発表した。
来店客との関係づくりを強化し、再来店率と売上を最大化する目的のASPツールとして、飲食・美容室・エステ・ネイルサロンなどのリアル店舗向けに提供する。


『売れる 店舗CRMつくーる』では、同社がこれまで培ってきた「ネット通販」の『自動フォローメール配信』によるCRM向上の仕組みをワンストップのツールとして『店舗』向けに最適化した。特殊な機材を必要とせず、パソコン1つで『お客様情報の登録(取得)』と『自動フォローメール配信』をワンストップで行うことが出来、専門的な知識がなくても、導入から操作まで簡単に行うことが可能となっている。主要機能としては、「お客様情報登録機能」「自動フォローメール配信機能/手動フォローメール配信機能」「通販機能」「商品ページ制作機能」「ワンクリックで申込み機能」を有している。


同社代表の加藤公一レオ氏は『10年間で「ネット通販業界」を大きく拡大させた、100%確実に売上を上げていく最強の“売れる仕組み”を「店舗」にも導入することにより、これまで顧客の再来店を「待つ」のみとなっていた「店舗業界」の売上を上げていくことが出来る』とし、飲食・美容室・エステ・ネイルサロン・フィットネスクラブ・専門学校などの『店舗』を有する業種を対象に、今後も店舗市場の活性化に向けてサービスを提供していく、としている。


 


■リリース
http://www.ureru.co.jp/news/20150119/20150119.html

タグ:売れるネット広告社
PAGE TOP