広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-03-04

Yahoo!ショッピングの商品を手に取って購入できる次世代型店舗「QRECS」がスタート

印刷する

ソフトバンク株式会社の子会社であるSBエンジニアリング株式会社とジョルダン株式会社は、ヤフー株式会社が運営するオンラインショッピングモール「Yahoo!ショッピング」の取扱商品などを手に取って体感しながら購入できる次世代型店舗「QRECS」(キュレックス:Quick and Real EC Shopping)を共同開発したことを発表した。あわせて商業施設や鉄道の駅構内、駅ビルなどの「QRECS」を設置する商業施設、出店を希望するストアの申し込み受け付けを開始した。

「QRECS」は商品棚とデジタルサイネージを併設。オンラインショッピング限定の商品であっても、サイズや素材などを実際に体感しながら買い物ができる。ユーザーは、デジタルサイネージで欲しい商品を選択し、画面に表示されたQRコードを、スマホやタブレットのカメラで読み取ることで、「Yahoo!ショッピング」の商品ページに遷移し、そのままオンライン上で購入可能。

「QRECS」を設置する商業施設などは、「QRECS」で商品を販売する出店者から出店料を受け取ることができる。一般的なリアル店舗と異なり、現場での接客・レジ対応や在庫調整なども不要。

今後は多言語対応の他、「QRECS」にAI(人工知能)を活用したカメラを設置して、通過・滞留人数やサイネージの閲覧数、ユーザーの属性などを計測・分析するサービスの実現を目指す。


■リリース
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2020/03/02d/

タグ:ヤフー
PAGE TOP