広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2015-03-12

DAC、「広告露出機会を効率的に増大させる配信システム」で特許取得

印刷する

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)は3月10日、「広告の露出機会を効率的に増大させる広告配信システム」を新たに開発し、特許を取得したことを発表した。
このシステムでは、オンライン広告の表示状態を自動的に検出することにより、ウェブページ上でスクロールによって同一の広告枠が表示されるたびに、新たな広告を表示することを可能としている。これにより、同じページ内でも広告枠が表示されるごとに、新たな広告の配信が行われる。
従来のディスプレイ広告では、ウェブページが1回表示されるごとに課金されるが、このシステムを導入することで、同一ページ内の広告枠でも広告枠が表示されるごとにRTB(リアル・タイム・ビッディング)による入札(SSP経由の場合)、もしくは広告表示リクエスト(アドサーバ経由の場合)が行われるため、収入の増加とともに、ユーザーの滞在時間やCTRの伸長が見込めるという。
DACが行ったテスト配信では、通常の広告表示方式と比較した場合、約2倍のeCPM(effective Cost Per Mill)、約3倍のCTRが確認されたとのこと。今後は同社のアドサーバ「FlexOne」、連結子会社のプラットフォーム・ワンが運営するSSP「YIELDONE」に導入される予定。


■リリース
http://www.dac.co.jp/press/2015/patent-ad.html

タグ:DAC
PAGE TOP