広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2014-09-22

マイクロアド、仮想3D空間向け広告「MicroAd VR」コンセプトを発表

印刷する

株式会社マイクロアドは、Oculus VR社の『Oculus Rift』を用いた、仮想3D空間コンテンツ内ネイティブアド「MicroAd VR(マイクロアド ブイアール)」を発表した。
9月17日・18日に開催されたデジタルマーケティングカンファレンス「ad:tech tokyo 2014 (アドテック東京2014)」の出展ブースにおいて、コンセプトモデル展示も行っていた。
Oculus VR社の『Oculus Rift』は、仮想3D空間に没入できるVRゴーグルだ。エンターテインメントだけでなく、医療、日常生活、ビジネス用途まで幅広く利用が検討されている。マイクロアドでは、近い将来、人々が仮想3D空間で過ごす時間が増えていくと予測しており、仮想空間内での広告ネットワークを構築すべく研究を進めているという。


■リリース
http://www.microad.co.jp/news/detail.php?News_ID=301

タグ:マイクロアド
PAGE TOP