広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2013-09-05

楽天、米国ビデオストリーミングサービスのViki社を買収 デジタルコンテンツ分野の強化へ

印刷する

楽天株式会社は、ビデオストリーミングサービスを世界で展開する米国Viki社を買収し、完全子会社化すると発表した。


今回の買収により楽天は、デジタルコンテンツ分野の強化に向けて大きな一歩を踏み出し、eコマースと金融サービスとともに、デジタルコンテンツ事業を3つ目の主軸としてグローバルにビジネスを展開していく。


Viki社の主な収益源は、広告料収入(ビデオ再生中に挿入される動画広告 )であり、今後加速度的に増加すると見込んでいます。またViki社は、Netflixなど他の動画サイトにも一部のコンテンツを供給しており、これ以外にも新しい収益モデルの構築を進めてる。なお、買収額・条件については公表していない。


Viki社の動画配信サイトでは、世界各国のテレビ番組、映画、ミュージックビデオ、その他多岐にわたるビデオコンテンツを視聴者に提供しており、月間視聴者数は全世界で2,200万人を超えている。同サイトは、世界中の視聴者コミュニティがクラウド上で著作権取得済みのコンテンツに字幕を付ける、 ユニークなビデオストリーミングサービスです。Viki視聴者のコミュニティは160以上の言語に対応しており、これまでに4億ワード以上が翻訳されている。


【Viki社の基本情報】


設立: 2010年12月
共同創業者兼CEO: ラズミッグ・ホバギミアン
拠点: サンフランシスコ、シンガポール、ソウル、東京
既存株主:グレイロック・パートナーズ
     アンドリーセン・ホロウィッツ
     チャールズ・リバー・ベンチャーズ
     ネオテニーLabs
     SKテレコム
     シンガポール・テレコム 
     BBCワールドワイド
     500 StartUps


◆リリース
http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2013/0902_01.html

タグ:楽天
PAGE TOP