広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2022-02-03

電通グループ、「世界の広告費成長率予測」を発表 今年は北京五輪やFIFA大会で9.2%の成長率

印刷する

株式会社電通グループは、「世界の広告費成長率予測」を発表した。
2020年の成長率は、コロナ禍の影響でマイナス7.1%だったが、2021年は17.0%とコロナ禍からの急速な回復・成長を見せた。特にデジタル広告の成長率は29.1%で、構成比も初めて50%を突破している。
2022年は、第1四半期に北京冬季オリンピック・パラリンピックが開催されるほか、第4四半期にFIFAワールドカップ・カタール大会などが予定されており、同9.2%の成長が見込まれる。これは実質GDP成長率(予測)を上回るという。世界的には、すべての地域でプラス成長の見通しだが、急速な成長が見込まれるのは、インド、米国、ロシア、カナダがあげられている。
以降、デジタル広告が市場を牽引し、2023年は4.6%、2024年は5.8%と、2019年の4.1%を超える水準で推移する見通し。
なお2022年の日本の広告市場は、デジタル広告(7.2%)とテレビ広告(3.2%)の牽引により、3.5%の成長が予測されている。


■リリース
https://www.group.dentsu.com/jp/news/release/pdf-cms/2022003-0127.pdf

タグ:電通
気鋭のコラムニスト達による5分コラム
http://www.koukoku-baitai.com/
世界で一番起業家とベンチャー企業を創出する.com
地域広告媒体.com
PAGE TOP