広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2021-11-09

セキ、2022年3月期2Q決算は経常利益が事前予想を上回り黒字浮上

印刷する

セキ株式会社は、2022年3月期第2四半期の連結業績(2021年4月1日~2021年9月30日)を発表した。

【連結経営成績(累計)】
売上高 :51億5600万円(前年同期比 0.1%増/前回予想53億6100万円)
営業利益 :マイナス4200万円(前年 マイナス1億5200万円)
経常利益 :9100万円( 同 マイナス4600万円)
四半期純利益 :9100万円( 同 マイナス6100万円)

印刷関連事業について、コロナ禍における経済活動を支援する各種補助事業の事務局運営の拡大や、アフターコロナを見据えた営業活動への取り組みの強化などにより、売上高は38億2600万円(前年同四半期比3.0%増)、前年同期に7400万円だった営業損失は600万円となった。洋紙・板紙販売関連事業については、売上高は昨年度の需要減の反動による印刷事業者からの用紙受注の増加等により、前年同期比7.8%増の1億7200万円、営業損失は1700万円(前年同期は2800万円)だった。
予想数値と実績値に差異が生じた理由として、売上については、印刷関連事業における首都圏での印刷需要や出版・広告代理関連事業における広告需要が想定まで回復しなかったなどにより前回発表予想を下回り、利益面については、採算の向上に努めたことや修繕等の計画が第3四半期以降の発生となること、有価証券の運用が好調だったことなどから前回発表予想を上回った、としている。なお、通期の業績予想に変更はない。


■リリース
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120211028419723.pdf
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120211104424332.pdf

タグ:セキ
PAGE TOP