広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2021-06-09

電通、IoT家電のデータをマーケティングに活かすサービス「ドムス・オプティマ」を国内で初めて提供

印刷する

株式会社電通、インターネットに接続された家電製品(IoT家電)のデータを活用し、統合マーケティングを行うソリューション「domus optima(ドムス・オプティマ)」(β版)の提供を開始した。「domus optima」は“快適な家”を意味する。
IoT家電のデータをマーケティングに活用するサービスは国内初とのこと。第一弾として、広告主へIoT家電データを活用した広告配信と効果検証が可能なソリューションの提供を行う。約40万台のエアコン・空気清浄機・オーブンレンジ・自動調理鍋・洗濯機の、利用時間や利用方法などから、生活者の潜在的な需要を推定するものだ。ユーザの利用許諾・同意を得たデータが、シャープ株式会社から提供される。トライアルでは、大手食品メーカーにより、オーブンレンジを使用するユーザーに対し、温めるだけで本格料理が作れる商品をデジタル広告で訴求した結果、CTRを35%改善できたという。
domus optimaは、テレビ視聴データやスマホの位置情報データなど、「People Driven DMP」のデータとの連携も可能となっており、将来的には「季節の食材を使った料理特集がテレビ放送されているタイミングに合わせ、番組を視聴したオーブンレンジのユーザーに対し、レンジ料理のレシピをスマホ・家電を通して通知する」といった体験の実現を目指す。


■リリース
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2021/0607-010387.html

タグ:電通
PAGE TOP