広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2021-04-28

電通、ベクトルと業務提携し企業のSXを推進

印刷する

株式会社電通は、株式会社ベクトルと企業のESG経営支援領域において、2021年4月27日に業務提携したことを発表した。
同提携による取り組みの一環として、ベクトルが保有するESGスコアリング及びそのレポーティングのサポート力をもとに、非財務の新しい企業価値の指標と関連するソリューションを共同開発し、1年間で国内200社へのサービス提供を目指す。
現在、企業が「持続可能性」をより重視する環境において、稼ぐ力とESG(環境・社会・ガバナンス)の両立によって、経営の在り方、社会の中での役割、ユーザーや投資家との対話の変革を目指すSX(サスティナビリティ・トランスフォーメーション)の重要性が増している。
同社は、ESGのスコアリングをきっかけとして、企業のSXの気運を活性化し、積極的に社会と対話する環境づくり、SDGsへの普遍的な取り組みにも貢献していくという。具体的にはベクトルのESGスコアリング及びレポートを同社が活用して、導入企業のESG経営の実態を把握。そこから、次期統合報告書のアウトプットから逆算した戦略・戦術を策定し、クライアント企業の価値向上を目的とした統合的な施策の提案から実施までをサポートする。
今回の業務提携における具体的なソリューションの一例は以下の通り。

・ESGスコアリングおよびレポートの提供
・ESGスコアリングによる統合報告書の作成支援
・ESG指標を用いた、企業のパーパスや事業戦略の策定支援
・ESG経営起点のSXに関わるPR活動支援
・スコアリングに寄与する制度・認証の取得に関するコンサルティングおよびサポート
・事業戦略に基づくサステナブルロードマップの作成
・成長戦略の実施における、組織・コミュニティ・人材の育成とインナーコミュニケーション
・ESG、SDGsに対応した商品・サービスの開発やデザイン
・商品の提供方法・チャネルの開発と回収やリサイクル・アップサイクルの仕組み構築
・情報公開・ブランディングのためのコミュニケーション支援
・SXのための個別のアクション開発・インターフェースの整備・構築
・サーキュラーエコノミーを実現するDXの導入
・持続的な社会と企業の在り方を目指した、業種や規模を超えた企業間の共創・連携


■リリース
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2021/0427-010369.html

タグ:電通
PAGE TOP