広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-12-18

ヤフー、「広告サービス品質に関する透明性レポート」公開 今年度上半期は1億件超の広告を非承認

印刷する

ヤフー株式会社(Yahoo! JAPAN)は、2020年度上半期(2020年4月1日~9月30日)の「広告サービス品質に関する透明性レポート」を公開した。今回で2回目。



2020年度上半期は約1億1千万件の広告素材を非承認にしたとのこと。この件数は、ヤフーの規定・ルールに抵触した広告のタイトルや説明文、画像、リンク先のウェブサイト、キーワードなどの各非承認数を合計した件数となっている。2020年度上半期は、「ユーザーに不快感を与えるような表現」の非承認数が目立ったという。



また、「最上級表示、No.1表示」や「薬用化粧品(医薬部外品)、化粧品」の基準に抵触する広告素材数も多く見られた。その他、定期購入の条件が分かりにくい広告に対する審査をより一層強化した結果、2019年度下半期と比較して約4倍(157,502件→628,384件)の定期購入に関する広告を非承認にしたとのこと。



■リリース
https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2020/12/15m/

タグ:ヤフー
PAGE TOP