広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-09-25

電通、ベクトルと共同でスタートアップ企業の成長支援プログラムを提供開始

印刷する

株式会社電通は、株式会社ベクトルと共同で、スタートアップ企業の事業成長の加速化を支援するプログラム「Rapid Socializing」の提供を2020年9月23日より開始すると発表した。



第一段階としてベクトルが出資するスタートアップ企業に対して、ファイナンスや営業支援等だけでなく、サービスや製品の価値、企業が伝えたい思いを言語化・ブランティングする支援を行い、順次プログラムの提供先を拡大させていく予定。



スタートアップ企業のサービスや製品は、その新規性ゆえに伝わりにくいケースが多く、また企業として伝えたいポイントの整理がなされていないために、メッセージや価値そのものが理解されにくいケースもある。同プログラムでは、電通のクリエーティブ・ディレクターを1社につき1名任命。クリエーティブ・ディレクターがCEOと対話を重ね、サービスやプロダクトの価値や企業のミッションやビジョンの言語化、ステートメントの策定を実施する。経営哲学や存在意義を社会に向けてコミュニケーションすることで、Social Awareness(社会的認知)の獲得を狙い、さらに、その哲学や存在意義に基づいたコミュニケーション施策を実施することで、認知向上および継続的なブランド構築を行う。明確なクリエーティブディレクションのもと、ベクトルがPRコミュニケーションの立案・実施に参画し、ファイナンス、人事などのバックオフィス、営業活動支援等も行う。



両社が各専門領域のソリューションを組み合わせて提供することで、事業成長の加速のエンジンとなる(企業)ブランドの早期確立と、そのブランドに基づいた継続的なコミュニケーションをサポートしていくという。



■リリース
https://www.dentsu.co.jp/news/release/2020/0917-010138.html

タグ:電通
PAGE TOP