広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-01-21

ドコモと電通、デジタルOOH広告の運営・販売会社「ライブボード」を新たに設立

印刷する

株式会社NTTドコモと株式会社電通は、デジタルOOH広告(DOOH:デジタルOut Of Home)の配信プラットフォームの運営、広告媒体の開拓、広告枠の販売事業を行う新会社「株式会社LIVE BOARD」を設立することで合意した。2月の設立を目指す。
ライブボードでは、携帯電話や各種サービスのマーケティングデータを保有するドコモと、日本有数の広告の取引実績や運用実績を持つ電通が協力。複数のDOOH媒体を横断して複数の広告主が購入できるオンラインのプラットフォームを構築・運営し、日本初の“インプレッションに基づくOOH広告の販売”を実現する。
曜日や時間帯ごとに、広告設置場所周辺にいた性別・年代等セグメントごとの人数を可視化。ターゲットに応じた最適な広告枠の販売を行う。またDOOHと通行者のスマートフォンが連動するなど、新たな広告商品の開発・提供も行う。
出資比率はドコモが51%、電通が49%で、出資金は50億円(資本金25億円、資本準備金25億円)。従業員数12名程度で、代表取締役社長は神内一郎氏が務める。


■リリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2019/0116-009732.html

PAGE TOP