広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-01-18

朝日広告社、「Googleデータポータル」を活用したデータ自動収集ソリューションを提供開始

印刷する

株式会社朝日広告社は、「Googleデータポータル」を活用した、データ統合と可視化のための自動収集ソリューションの提供を開始した。
イベント、セミナー、店舗、マス広告、Web、ECショップ、SNS、Web広告など、さまざまな局面から企業内の各種データを収集。「Googleデータポータル」により統合・一元管理し、リアルタイム情報共有や検証・視覚化・施策を行い、作業負荷の軽減とコストの効率化を行い、PDCAサイクルを加速させるという。
従来 個々にまとめる必要があったデータを一括で管理するため、 「Googleデータポータル」一画面(ダッシュボード)のみでの業務推進が可能。またクラウド管理が可能なため、 国内外に拠点を置く企業でも統一管理が行える。デジタルデータの可視化により、 他部門との連携も容易となる見込みだ。


■リリース
http://www.asakonet.co.jp/images/topics/pdf/title_relation_file_20190115.pdf

PAGE TOP