広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-01-16

クリーク・アンド・リバー社、2019年3Q決算は計画通りに推移し増収減益

印刷する

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、2019年2月期第3四半期(2018年3月1日~2018年11月30日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高    :220億8400万円(前年同期比 8.8%増)
営業利益   :13億9200万円( 同 6.3%減)
経常利益   :13億9100万円( 同 6.1%減)
四半期純利益 :8億1100万円( 同 6.6%減)


当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高においてはクリエイティブ分野(日本)を中心に好調に推移し、前年同期実績を上回った。一方で、新規事業への投資を含め、計画通りに推移したが、グループ拠点の移転統合による一時的な費用および新規事業投資の影響により、利益は前年同期実績を下回った。



■リリース
https://www.cri.co.jp/news/information/29ki_3Q_kessantanshin.pdf

PAGE TOP