広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2018-01-18

2018年の世界の広告費成長率は3.6%、電通イージス・ネットワークが予測

印刷する

株式会社電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、世界の広告費成長率予測を発表した。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、映画館(シネアド)、屋外/交通、デジタル媒体が対象で、59カ国・市場の広告費の成長率を独自に分析・推計した。
それによると、2017年の世界の広告費成長率は、2016年対比で低下する見込み。中央および東ヨーロッパを除く世界各地で成長がやや鈍化したことが理由だという。
一方、2018年は、「2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピック競技大会」「2018 FIFAワールドカップ・ロシア大会」「米国の中間選挙」など大型イベントがあるため、大市場の北米をはじめ、アジアパシフィック、ラテンアメリカの成長が上向き、2017年を上回る3.6%の成長となる見込み。総広告費は5895億ドルと予測されている。
国別では、米国、ドイツ、インドが大きく伸びる一方、英国、ロシア、中国は減速が予測されている。日本の広告費成長率は、2018年は1.6%になる見込み。
デジタル広告費の成長率は2017年の15.0%に引き続き、オンライン動画広告やソーシャルメディア広告が牽引役となり、2018年も12.6%と二桁成長になると予測されている。


■リリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0116-009427.html

タグ:電通
PAGE TOP