広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-12-29

トライステージ、ダイレクトマーケティング事業が好調で大幅な増収増益 2017年3Q決算

印刷する

株式会社トライステージは、2017年2月期第3四半期(2016年3月1日~2016年11月30日)の連結業績を発表した。


【連結経営成績(累計)】
売上高   :351億9800万円(前年同期比 26.6%増)
営業利益  :12億7100万円( 同 64.7%増)
経常利益  :12億5100万円( 同 63.0%増)
四半期純利益:7億4600万円( 同 75.8%増)


中期経営計画において、自社のあるべき姿を「ダイレクトマーケティングのイノベーションカンパニー」と位置付け、事業拡大を推進。テレビ事業については、新業種顧客の開拓、自社通販番組の実施、放送枠効果実績に基づいた仕入・メディア枠の提供および提携先との協業による効果向上に注力。メディア枠の提供においては、実績データ管理システムを構築するとともに独自の効果指標を導入したことで、販売価格が安定して推移した。Web事業については、分析ツール「TVエビス」を株式会社ロックオンと共同開発し、9月から販売を開始した。これらにより、ダイレクトマーケティング支援事業の売上高は254億2761万円と前年同期比19.2%増となった。
ダイレクトメール発送代行事業については、「クロネコDM便」の取扱通数の規模を活かした仕入の下、顧客企業からの受注が好調に推移。新規顧客も増加し、売上高は86億5898万円と前年同期比34.1%増となった。海外事業も大幅に伸長し、全事業で好調だった。


■リリース
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120161227464399.pdf

タグ:トライステージ
PAGE TOP