広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-08-30

デジタルガレージとココカラファインヘルスケア、インバウンド向け店頭施策を拡大

印刷する

株式会社デジタルガレージは、株式会社ココカラファインヘルスケアと行ってきたインバウンド向け店頭施策を、従来の一部店舗から全国に100店舗以上ある免税実施店舗全店へと拡大する。
両社は、中国からの訪日観光客向け店頭デジタルプロモ施策を、3月からトライアル展開。スマートフォンを活用して中国語で商品情報を配信することで、商品への理解を深め、購入を考えるきっかけを提供するもので、7割超の中国人来店客の購入につながる等の良い効果が認められたという。今回、10月からの大型連休「国慶節」に合わせて増加が見込まれる訪日中国人客に対し、来店数や消費額の向上を狙い、展開を拡大する。
なお、トライアル店舗にて来店客アンケートを実施したところ、78%の中国人来店客が中国語での情報提供を望んでいた。今後は2020年の東京オリンピックを視野に、中国語だけでなくアジア各国の言語対応も行っていく予定。


■リリース
http://www.garage.co.jp/ja/pr/2016/08/20160826.html

タグ:デジタルガレージ
PAGE TOP