広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-01-22

ファンコミュ、広告配信サービス「トレジャーデータサービス」と連携

印刷する

株式会社ファンコミュニケーションズは1月19日、同社のターゲティング・アドプラットフォーム「nex8」およびスマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」が、トレジャーデータ株式会社のクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「トレジャーデータサービス」と連携したことを発表した。
「nex8」は、広告ネットワーク「A8.net」「moba8.net」「nend」や国内の代表的なAdExchange・SSPに配信できるアドプラットフォーム。一方「nend」は、関連性の高い広告を自動的に掲載する、スマートフォン向け運用型アドネットワークサービス。
すでに「トレジャーデータサービス」との連携運用を開始しており、広告配信ログを収集・蓄積してレポーティングに生かせるほか、CSVなどに出力することなく、「トレジャーデータサービス」に蓄積しているセグメントデータを「nex8」「nend」と連携し、ターゲティング配信することも可能とのこと。配信結果の生データを「トレジャーデータサービス」に蓄積し、広告配信に関するKPI管理を行うことも可能。


■リリース
http://www.fancs.com/news_release/2016/01/19/3250

タグ:ファンコミュニケーションズ
PAGE TOP