広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-02-19

カワセコンピュータサプライ、自然災害による操業ロスやコストアップの営業で大幅赤字に 2020年3Q決算

印刷する

カワセコンピュータサプライ株式会社は、2020年3月期第3四半期の業績(2019年4月1日~2019年12月31日)を発表した。


【経営成績(累計)】
売上高    :20億9500万円(前年同期比 1.2%減)
営業利益   :マイナス1億0500万円(前年 マイナス4200万円)
経常利益   :マイナス9800万円( 同 マイナス3200万円)
四半期純利益 :マイナス1億0400万円( 同 マイナス4600万円)


ビジネスフォーム事業においては、需要の減少や価格競争激化の影響があったものの、既存取引先における新規案件の獲得があったことから売上高は前年同期から100万円増加の14億5000万円だったが、物流コスト、副資材などの高騰を補うことができず、セグメント利益は前年同期から3300万円減少し、1億5000万円だった。
情報処理事業においては、金融および通販関連の総需要量の減少もあり、新規案件獲得などに幅広く活動したが、売上高は前年同期から2700万円減少し6億4500万円となった。セグメント利益は、ビジネスフォーム事業同様に、物流コスト、副資材などの高騰の影響があり、前年同期と比べ3900万円減少し1100万円に留まった。
これらの結果、営業利益・経常利益ともに赤字幅が拡大した。


■リリース
https://www.kc-s.co.jp/wp/wp-content/uploads/2020/02/65th3Q-summary.pdf

タグ:カワセ
PAGE TOP