広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2020-01-14

博報堂とパナソニックグループ、販売促進を支援する「売場サイネージソリューション」提供開始

印刷する

株式会社博報堂、株式会社博報堂プロダクツ、パナソニックグループのピーディーシー株式会社は、店頭デジタルマーケティングサービス「売場サイネージソリューション」の提供を開始した。
「売場サイネージソリューション」は、ハードやシステムの導入コンサルティングから、戦略設計、実施・運用、検証までワンストップで対応するサービス。これにより、総合ストア(GMS)、スーパー、ドラッグストアでの販売促進を支援し、スタッフの運用負荷を軽減するという。
博報堂が、購買動線を全方位で捉えるPath to Purchase(P2P)マーケティングを企画立案し、博報堂プロダクツが、購買動線上の重要なタッチポイントとなる売場サイネージに取り組む。具体的にはモーション・グラフィックス制作専門部隊によるコンテンツ制作、販売結果に基づく効果測定などを行う。ピーディーシーはデジタルサイネージの導入・運用を担う。
今後は、コンビニエンスストア、ホームセンターなどの他業態への展開もめざす。


■リリース
https://www.hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/76541/

PAGE TOP