広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-12-04

凸版印刷、AIカメラ活用で来店者に合わせた広告をリアルタイム配信するサービスを開発

印刷する

凸版印刷株式会社は、AWL株式会社と協力し、来店客の行動や特性にあわせて広告を配信する自動販促プラットフォームを開発した。AIカメラとデジタルサイネージなどの店頭表現デバイス、凸版印刷のCRMを組み合わせた技術となっている。現在、凸版印刷内の売店にて、実証実験を実施中。
性別や年齢などの属性情報でユーザー識別を行い、来店者が店舗内においてどの売り場に立ち寄ったかなどの回遊状況を把握。行動特性に合わせて、最適な商品広告をデジタルデバイスに対しリアルタイム配信する。
今後はさらなる技術開発を進め、最適な商品訴求により来店者の態度変容を起こせたかどうかの検証も自動で行う機能を実装する予定。


■リリース
https://www.toppan.co.jp/news/2019/11/newsrelease191128.html

PAGE TOP