広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-11-19

NISSHA、製品需要が想定を下回り2019年通期業績予想を下方修正

印刷する

NISSHA株式会社は、2019年12月期通期の連結業績予想(2019年8月6日発表)について、修正数値を発表した。


【2019年12月期通期連結業績予想の修正(2019年1月1日~2019年12月31日)】
売上高   : 1730億0000万円(前回発表 1800億0000万円)
営業利益  : マイナス38億0000万円( 同 15億0000万円)
経常利益  : マイナス50億0000万円( 同 5億0000万円)
当期純利益 : マイナス21億0000万円( 同 0円)


ディバイス事業および産業資材事業における製品需要が想定を下回ったことにより、売上高が予想を下回る見通しとなった。それにともなう国内工場の稼働の低下などにより利益も悪化し、予想を下回る見通し。親会社株主に帰属する当期純利益については、遊休固定資産の譲渡による固定資産売却益を計上したことで、やや改善したが、これも予想を下回る見通し。


■リリース
https://www.nissha.com/news/2019/11/20191108_1.pdf

PAGE TOP