広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-10-31

サイバーエージェント、好調なゲーム事業が「AbemaTV」や広告不振を打ち消し増収増益に 2019年9月期通期決算

印刷する

株式会社サイバーエージェントは、2019年9月期通期の連結業績(2018年10月1日~2019年9月30日)を発表した。


【連結経営成績】
売上高   :4536億1100万円(前年同期比 8.1%増)
営業利益  :308億2500万円( 同 2.2%増)
経常利益  :304億9300万円( 同 6.8%増)
当期純利益 :16億9400万円( 同 65.1%減)


スマートフォン市場の成長を取り込む一方で、中長期の柱に育てるため、前期に引き続き「AbemaTV」への投資を継続。売上高・営業利益・経常利益は堅調な数字となるも、純利益は大幅減となった。
「AbemaTV」「Ameba」「タップル誕生」等が属するメディア事業は、売上高は373億0400万円(前年同期比18.5%増)、営業損益はマイナス178億3800万円の損失計上(前年同期間はマイナス177億6400万円の損失計上)となった。
ゲーム事業は、主力タイトルが好調に推移し、売上高は1522億2400万円(前年同期比3.9%増)、営業利益は260億4000万円(前年同期比2.9%増)だった。
インターネット広告事業は、新規広告主の開拓に注力し、売上高2602億1200万円(前年同期比7.8%増)、営業利益は206億0900万円(前年同期比3.4%減)だった。


■リリース
https://pdf.cyberagent.co.jp/C4751/fnbB/NFZw/O5SP.pdf?_ga=2.73877778.1664867563.1572417788-719600677.1538117181

PAGE TOP