広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-10-30

2019年11月の消費意欲指数、季節消費への意識高まらず11月としては過去最低値 博報堂生活総研

印刷する

株式会社博報堂のシンクタンク「博報堂生活総合研究所」は、「11月の消費予報」を発表した。20~69歳の男女1,500名に、「来月の消費意欲」を点数化してもらったもので、その結果、11月の消費意欲指数は43.7点。10月より1.8ポイント増・前年同月比マイナス3.0ポイントと、前月からは上昇したものの、前年比では大きく低下した。。
11月は例年、前月からの動きが少ない月だが、今年11月の消費意欲指数は前月比1.8ポイント増と、増税直後の落ち込みからはやや回復。消費意欲指数の理由を見ると、消費税増税を理由に消費を控える声は依然多く挙がっているものの、前月からは半数近くに減少している(2019年10月530件→11月278件)。
一方、前年同月比では3.0ポイント減で、11月としての過去最低値となった。特に、「季節の変わり目の買い物をしたい」といった秋冬に向けた季節消費への意向は、前年に比べて半数以下にとどまった(2018年11月136件→2019年11月61件)。特に買いたいモノ・利用したいサービスがある人の割合も18.9%と低く、カテゴリー別に見ても、前月に引き続きすべてのカテゴリーで前年比マイナス。同総研は、増税による買い控えに加え、気温の高い日が続きなかなか秋らしくならないことも、意欲の伸び悩みに影響しているのでは、と分析している。
また、女性は例年10月以降に消費意欲指数が高まる傾向があるが、今年は45.1点・前年同月比マイナス5.3ポイントと前年からの低下が大きく、ほぼ前年並みとなった男性とは対照的。特に買いたいモノ・利用したいサービスがあるという人の割合も、男性は前年比マイナス5.4ポイント、女性はマイナス11.4ポイントと女性の低下が大きくなっている。カテゴリー別に見ても、前年からの減少が特に大きい「ファッション」(前年同月比マイナス86件)、「化粧品」(前年同月比マイナス48件)、「装飾品」(前年同月比マイナス43件)の減少はほとんどが女性によるもので、女性ではすべてのカテゴリーで前年に比べてマイナスとなっている。


■リリース
https://www.hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/74397/

PAGE TOP