広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-10-29

ADKマーケティング・ソリューションズ、ラジオ局・動画メディアと共同でオリジナルPRコラボ企画を開発

印刷する

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)は、東京のFMラジオ放送局である株式会社J-WAVE、日本最大級の女性向け動画メディアを運営するC Channel株式会社とともに、新商品のPRや店頭誘引を目的としたオリジナルPRコラボ企画を開発したと発表した。2019年10月に、NAOS JAPAN株式会社の皮膚科学にもとづくスキンケアブランド「ビオデルマ」にて、第一弾の企画を実施したという。
SNSや動画共有サービスが世の中に急速に浸透し、そこで活躍するインフルエンサーは企業のマーケティング活動においても欠かせない存在となっている。また、従来からリスナーとの対話(双方向性)を大切にしてきたラジオやその番組パーソナリティも、SNSとの親和性が高いインフルエンサーとしての存在感が高まっている。
このインフルエンサー効果を活用したオリジナルPRコラボ企画第一弾として、J-WAVEの番組内にて、ナビゲーター本人が新宿にある店舗を訪問、「ビオデルマ」の特徴や魅力をリスナーに向けて紹介した。また、C Channelが運営する女性向け動画メディア『C CHANNEL』の人気クリッパー(インフルエンサー)も同行。「ビオデルマ」にまつわるテーマのコラボ動画を作成し、『C CHANNEL』で公開した。
同企画を通じて、J-WAVEの番組内には『C CHANNEL』の人気クリッパーが、また『C CHANNEL』で公開される動画にはJ-WAVEのナビゲーターが登場するため、ラジオとデジタル双方からのアプローチによる拡散が可能となった。さらに、音声と動画による双方からのコミュニケーションによって、商品に対する親しみやすさが増し、商品認知も高まることで、リアル店舗への集客にもつながりやすくなるという。
同社は、今後もオン・オフメディアのコラボによる、ブランドや商品の紹介、コンシューマーアクティベーションにつながる企画を提供していきたい、としている。


■リリース
https://www.adk.jp/news/201910-j-wave-c-channel/

PAGE TOP