広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-08-27

トライステージ、シンガポールJMLの全株式を売却へ 業績が取得時の計画を下回る

印刷する

株式会社トライステージは、連結子会社であるJML Singapore Pte. Ltd.の全株式を、Responze TV International Limited、他1名に譲渡することを決定した。JMLに対する債権は放棄する。
トライステージは、2016年9月にJMLの株式を取得し、シンガポールでのテレビ通販事業、リテール卸事業および同社を経由した日本商品の卸売に注力した。しかし、事業環境の変化や取扱商品の陳腐化等により、業績が取得時の計画を下回った。業績改善には追加の経営資源を要することや、今後もダイレクトマーケティング支援事業とのシナジーを創出できる見込みが低いことから、今回の決定に至った。
譲渡株式数は普通株式15,000株(議決権割合75.0%)、優先株式1,759,243株。譲渡価額は2SGD(152円)。現時点での純資産額をもとに算出し、債務超過であることから決定した。


■リリース
https://www.tri-stage.jp/ir/release/00555/index.html

PAGE TOP