広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-07-25

電通PR、国際PR協会「GWA」において5部門・6つのトップ賞を受賞

印刷する

株式会社電通パブリックリレーションズ(電通PR)は、国際的な業界賞「ゴールデン・ワールド・アワーズ・フォー・エクセレンス」(GWA、主催:国際PR協会)において、株式会社電通と取り組んだキャンペーンで、5部門で6つのトップ賞を受賞した。
GWAは1990年に創設され、今年は世界36カ国からエントリーがあり89件の受賞が発表された。グランプリは、9月27日にアルメニアの首都エレバンで開催される授賞式で発表される。
今回受賞したキャンペーンは、以下のとおり。


●Kobayashi City Department of SIMCITY BUILDIT(和名:小林市シムシティ課)
クライアント名:エレクトロニック・アーツ
エントリー会社:電通、電通PR
受賞カテゴリ:アート&エンターテインメント(エージェンシー)トップ賞/テクノロジー(エージェンシー)トップ賞


●Teenage Voice 2019(和名:ティーンエイジボイス2019)
クライアント名:気候ネットワーク
エントリー会社:電通、電通PR
受賞カテゴリ:NGOキャンペーン(エージェンシー)トップ賞/パブリケーションズ(エージェンシー)トップ賞


●SketchCook(和名:スケッチクック)
クライアント名:大塚製薬
エントリー会社:電通、電通PR
受賞カテゴリ:テクノロジー(エージェンシー)トップ賞


●Bossy-Talk Detector(和名:先輩風壱号)
クライアント名:ヤッホーブルーイング
エントリー会社:電通、電通PR
受賞カテゴリ:フード&ビバレッジ(エージェンシー)トップ賞


■リリース
https://www.dentsu-pr.co.jp/releasestopics/news_releases/20190718.html

PAGE TOP