広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-07-08

ADK MSと読売テレビ、6秒CMをテレビ番組本編内にピクチャーインピクチャ―でオンエア

印刷する

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ(ADK MS)は、讀賣テレビ放送株式会社(読売テレビ)と、「ピクチャーインピクチャー」(PIP)の手法でCMをオンエアする企画を実施した。
デジタル広告で使用する6秒CM素材を、テレビ番組本編進行中に画面に表示する「ピクチャーインピクチャーの手法」でオンエアし、オンエア時の視聴者のテレビ注視度を測定した。PIPは、米国では圧倒的な人気のスポーツ番組などで定着しているが、日本ではまだ前例が少ないという。
両社は、6月21日放送の『Fun!BASEBALL!!2019「阪神×西武」』において、KONAMI『プロ野球スピリッツA』の6秒CM素材をピクチャーインピクチャ―でオンエア。TVISION INSIGHTS株式会社の視聴質データを使って、視聴者の「TV注視度」を測定した。その結果、6秒PIP注視度(2回オンエア平均)は、番組全体の平均注視度を大きく上回ったとのこと。


■リリース
https://www.adk.jp/news/201906-pip/

PAGE TOP