広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2019-06-04

電通グループ、AIでクリエーティブを評価する「AIアートディレクター」を開発 バナー自動生成ツールに搭載

印刷する

株式会社電通デジタル、株式会社電通、データアーティスト株式会社の電通グループ3社は、AIを活用したクリエーティブ評価機能「AIアートディレクター」を開発した。バナー自動生成AIツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」に搭載し、運用を開始した。
「ADVANCED CREATIVE MAKER」は、5秒に1枚のスピードで、バナー広告を大量に生成するツールとして、2018年5月にベータ版を開発。今回「AIアートディレクター」を搭載し、Ver.1.0として提供を行う。
「ADVANCED CREATIVE MAKER」では、「キーワード」「業種」といった要素を入力すると、1つ目の予測エンジンが、パフォーマンスが高いと予想されるコピー・画像などの要素の候補を割り出す。コピーは、電通オリジナルのAIコピーライター「AICO(アイコ)」が生成し、それらを使って自動生成ツールがバナーのデザインを組み上げていく。
「AIアートディレクター」は、アートディレクターやデザイナーなどのスペシャリストが有する、広告効果の高いバナー広告を判断するスキルを数値化し、AIがその傾向を学習することでバナー広告を自動選別するとのこと。ダイレクトレスポンス広告・ブランド広告のどちらに有効な表現か判断。KPIに応じたバナーの広告効果予測にも対応する。


■リリース
https://www.dentsudigital.co.jp/release/2019/0528-00374/index.html

PAGE TOP