広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-09-07

楽天、フリマアプリ「フリル」運営のFablicを買収

印刷する

楽天株式会社は、株式会社Fablicの発行済み全株式を取得し、完全子会社化したことを発表した。
近年、個人間売買(C2C)市場はスマートフォン利用が拡大しており、とくにフリマ(フリーマーケット)型取引が人気だ。Fablicは、個人間の売買取引ができるフリマアプリ「フリル」の提供・運営を行っている。2012年7月よりアプリの提供を開始し、現在のダウンロード数は累計500万超となっている。楽天も、2014年11月よりフリマアプリ「ラクマ」を提供しており、10代後半~20代を中心とした女性ユーザーの支持を集めている。
今回、Fablicを買収することで、サービスの融合を目指すとのこと。両社サービスにおける月間流通総額は、合計で数十億円規模にまで成長しており、今後、楽天会員IDの共通化、「楽天スーパーポイント」を活用したポイントキャンペーンなど、相互送客などで補完し合いながら利便性向上を図るとのこと。


■リリース
http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2016/0905_01.html

タグ:楽天
PAGE TOP