広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-04-07

博報堂、独自のプラニング手法「ショッパーズ・カスケードモデル」を発表

印刷する

株式会社博報堂は、独自のプラニング手法「ショッパーズ・カスケードモデル」を発表した。これにより、店頭における生活者の買物行動データ測定を強化するのが狙い。
従来の調査手法では実現できなかった「無意識下の行動の可視化」と「アクチュアルデータによる行動捕捉」の2つのアプローチを強化。そのデータを、広告・販促投資額・売上データ・生活者データ等の、他のビッグデータと統合し分析する。これらを用いて、最終的にメーカー・流通双方の売上・利益拡大につながるアクションをプラニングしていく。
「ショッパーズ・カスケードモデル」を活用することで、生活者の買物行動を来店前・店内・来店後まで拡大して捉えることが可能になるという。具体的には、データドリブンマーケティング局・ショッパーリテールマーケティング局が連携し、推進していくとのこと。


■リリース
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/27034

タグ:博報堂
PAGE TOP