広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2016-02-05

フジ・メディアHD、2016年3月期3Q決算 主力の放送事業不振で減益に

印刷する

株式会社フジ・メディア・ホールディングスは2月3日、2016年3月期第3四半期(2015年4月1日~2015年12月31日)の業績を発表した。

【連結経営成績】
売上高     :4738億  600万円(前年同期比 1.7%増)
営業利益    :  139億7600万円(     同    23.2%減)
経常利益    :  197億5000万円(     同    30.5%減)
四半期純利益:  136億6300万円(     同    30.4%減)

主力の放送事業では、レギュラー番組が厳しく、スポットも視聴率が伸び悩んだことが影響し、減収となった。動画配信事業の「FOD(エフオーディー)」や映画事業は増収だったが、催物事業は減収となり、売上高全体では減収となった。
そのほかの事業領域では、映像音楽事業、広告事業も減収。一方で制作事業、生活情報事業、都市開発事業が増収となり、全体では前年同期比1.7%増だった。
しかし、主力の放送事業、制作事業、映像音楽事業、広告事業、その他事業の減益が影響し、全体では大幅な利益減となった。


■リリース
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/46760/74d7a14a/6665/4e49/b362/d53cdd005350/140120160129499956.pdf


タグ:フジ・メディア・ホールディングス
PAGE TOP