広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2015-07-09

サイバーエージェント子会社、動画広告のPDCAソリューション「HAYABUSA」の提供開始 

印刷する

株式会社サイバーエージェントの連結子会社で、動画広告に特化した広告代理事業を行う株式会社CyberBull(サイバーブル、以下CyberBull)は、動画広告におけるフレキシブルなPDCAを実現するソリューション「HAYABUSA(ハヤブサ)」の提供を開始した。


CyberBullは、動画広告に特化し、企画、制作、配信設計、運用までを一貫して行うことができる広告代理事業会社。この度提供する「HAYABUSA」は、外部の制作会社と協業することでスピーディな動画制作を可能とし、複数パターンを用意したクリエイティブテストや、最短で数日後には効果検証を反映したクリエイティブを配信するなど、インターネット広告において重要なPDCAサイクルの短期化を実現する。本ソリューションにより、動画配信における検証データのマーケティング活用や広告効果の最大化を図る。

国内の動画広告市場規模は、2014年に311億円(前年比197%)、2015年に501億円(前年比161%)と急成長が予測されており(2014年10月発表「動画広告市場調査」サイバーエージェント/シード・プランニング調べ)。取り扱う動画広告売上高が2014年度で前年比204%と拡大をしているサイバーエージェントグループでは、インターネット動画関連市場の成長性を重視し、現在11社(※1)の動画関連事業会社を設立しており、積極的な事業拡大を図ている。

CyberBullは、今後も動画広告における新しいクリエイティブフォーマットやソリューションの開発を行い、市場の成長に寄与してまいります。


 


※1 動画関連事業を行う当社連結子会社は、株式会社App2go、株式会社AbemaTV、株式会社AbemaNews、株式会社アメスタ、株式会社WAVEST、株式会社Sanrenp、株式会社CyberCasting&PR、株式会社CyberBull、株式会社渋谷クリップクリエイト、株式会社タクスタ、株式会社Unifaceの計11社



【株式会社CyberBull概要】
社名:株式会社CyberBull(サイバーブル) https://www.cyber-bull.co.jp/
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号
設立日:2015年4月1日
資本金:1,500万円
役員:代表取締役社長 中田 大樹
   取締役  岡本 保朗
   取締役  小池 英二
株主:株式会社サイバーエージェント100%
事業内容:動画広告代理事業


◆リリース
https://www.cyberagent.co.jp/news/group_press/id=10685?season=2015&category=ad

タグ:サイバーエージェント
PAGE TOP