広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


ネット・デジタル

2015-06-19

ぐるなび、東急電鉄、東京メトロの3社が業務提携 訪日外国人向け観光情報サービス

印刷する

株式会社ぐるなび、東京急行電鉄株式会社、東京地下鉄株式会社は6月18日、訪日外国人向け観光情報サービスを共同構築するための具体的な協議に入ることで基本合意をしたことを発表した。


3社が構想する訪日外国人向け観光情報サービスでは、訪日外国人が滞在中に便利に使える機能を充実させるとともに、訪日外国人の目線で厳選した施設・イベント情報を発信する。さらに、日本の文化や風習を自ら体験できるコンテンツも盛り込み、東京、日本を満喫できる観光情報サービスを目指す。


ぐるなび、東急電鉄、東京メトロの3社は主体的な事業会社として、「訪日外国人向け観光情報サービス」を構築すると共に、本観光情報サービスを通じて、「政府の掲げる2020年訪日外客数2000万人の実現に向けて貢献していくこと」、さらには「東京、そして、日本ファン・リピーターをつくり上げること」を目的とする。本事業に賛同するパートナーとして、下記、参画企業一覧7社が参画する。今後も本事業に賛同した企業や自治体はパートナーとして迎え入れる。


■同観光情報サービスにおける主体企業3社の役割


ぐるなびは全国の飲食店ネットワークを活用し、訪日外国人に対する食のガイド情報を展開する。また、東京メトロとの共同事業であるレッツエンジョイ東京のノウハウを活かし、東京を中心としたイベント情報、ショッピング・レジャー施設のリアルタイムな情報提供も行う。


東急電鉄は鉄軌道事業や全国に展開するホテル・リゾート事業のネットワークを持ち、訪日外国人向けに、駅や車内に加えて、観光地での宿泊施設でのガイドサービスの周知と提供を行う。また、東急グループによる訪日外国人へのサービス接点を創出する。


東京メトロは首都東京において鉄道ネットワークを持ち、訪日外国人向けに駅・車内を接点としたガイドサービスの告知、周知を行う。また、駅周辺施設、自治体等との連携により、幅広い情報提供を行っていく。



■参画企業一覧(50音順)
・エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社
・京成電鉄株式会社
・京浜急行電鉄株式会社
・全日本空輸株式会社
・東京空港交通株式会社
・東京都交通局
・成田国際空港株式会社


■リリース
http://www.gnavi.co.jp/company/release/2015/20150618-9530.html

タグ:ぐるなび
PAGE TOP