広告業界の最新動向が5分でわかる無料メルマガ!


広告・メディア

2014-11-28

「Yahoo! JAPANクリエイティブアワード2014」企業部門グランプリはGoogleに

印刷する

ヤフー株式会社は、「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2014」において、26日贈賞式を開催し、本年度特別企画として併設された「夜のインターネットクリエイティブアワード」とともに、各受賞作品を発表した。


Yahoo! JAPANサービス開始10周年の2006年に創設された「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード」は、本年で9回目を迎える。今年も、スマートデバイス(スマートフォンやタブレット端末)の利用者拡大と開発技術の進化を受けて、「一般の部」に「スマートデバイス広告部門」「スマートデバイスアプリ部門」「スマートデバイスイノベーション部門」、企業・各種団体のブランディングや商品・サービスの訴求を目的に制作された作品を募る「企業の部」に「スマートデバイス広告・キャンペーン部門」「スマートデバイスアプリ部門」「スマートデバイスイノベーション部門」が設定された。一次選考を経て最終審査にノミネートされた45作品から、本日、20作品の受賞が決定した。


本年のグランプリには、「一般の部」は「しゃべる名刺」、「企業の部」は「Google Maps Pokémon Challenge」が選ばれた。


 



また、広告クリエイティブの可能性を探り、将来有望な才能あるクリエイターを発掘・支援していくことを目的として、「Yahoo! JAPAN インターネットクリエイティブアワード2014」の特別企画として今年から開設された「夜のインターネットクリエティブアワード」では、「Club Brand Panel」がヨルパネ!賞を受賞。受賞作品は本日から、Yahoo! JAPANのトップページの広告枠であるブランドパネルを深夜限定(25時から26時)で「ヨルパネ!」として解放し公開する。


 



なお、贈賞式終了後、Yahoo! JAPANトップページにグランプリ作品が掲載され、さらに本年はグランプリの副賞として、グランプリ作品名である「しゃべる名刺」「Google Maps Pokémon Challenge」(「グーグルマップ ポケモン」でも可)をYahoo!検索で検索すると検索結果画面の右側に作品が表示される。「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2014」公式ウェブサイトでは、各受賞作品を掲載するほか、後日、贈賞式の模様も公開する。


本年のグランプリ受賞作品は下記。(敬称略)


「Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2014」
【一般の部 Grand Prix】
作品名:しゃべる名刺
制作者:佐藤 ねじ、堤 修一、藤澤 伸


【企業の部 Grand Prix】
作品名:Google Maps Pokémon Challenge
作者:グーグル株式会社
広告代理店:SIX INC. 、株式会社博報堂
制作会社:AOI Pro.


「夜のインターネットクリエイティブアワード」
【ヨルパネ!賞】
作品名:Club Brand Panel
制作者:BIRDMAN


◆リリース
http://pr.yahoo.co.jp/release/2014/11/26b/

タグ:ヤフー
PAGE TOP